記憶のスイッチ

「いったい、樽の中で何が起きているんだ!?」





初めてお味噌造りをして、ふと思った。


私は材料を潰して、混ぜて、樽に詰めただけ。

半年後、樽の中にはお味噌があった。



「発酵とは何だろう?」


日本人は長い年月をかけて

発酵食品をたくさん生み出してきた。


発酵食品づくりで、いつも変わらなかったのは、

「人間が場を整え、あとは菌にお任せ。」



それに気づいた時、

‘記憶のスイッチ’が押された気がした。




きっと遺伝子にインプットされていた

‘発酵食品を手作りする’モードが起動されたのだ。

現代風に言うならば、、、。


発酵食品を手作りすると

そこに働く、‘見えない生き物たち’の事を思う。

彼らが作ったものは、私たちの身体の役に立つ。


‘自分は自然との繋がりで生かされている’



忙しない日常で、忘れがちな謙虚な心。

これを思い出させてくれるのが、発酵食品だと思う。



作ってみると簡単だけど、不思議でいっぱい。




皆んなにもこの驚きを伝えたい。

皆のスイッチも押したい。

でもどうやって?


それもきっと、私は場を整えるだけ。





‘ みそのわ ‘ プロジェクトはかたつむりのスピードで、

じっくりじっくり進んで行きます。

Inquires & requests 

 

Follow me on SNS

 
  • Facebook
  • YouTube
  • Instagram