【ノルウェー】第11話:道なき道の先には。

Updated: Jan 9

山場を迎えております。 『ノルウェー珍道中』第11話。 2016年にした冒険のお話です。

前回のお話はこちら。 NZのトレックは、森かビーチが多かった。 それに比べると、ノルウェーのフィヨルドは アップダウンがかなり激しい。 時間もかかるし、体力も消耗しやすい。 でも、こんなに歩き続けたことはなかったかな。 すでに9時間ほど歩いている。 今日は、色んな道を通って来た。 樹の根っこをガシガシ這い上がる道。 ツルツルした岩肌を、ヨチヨチ歩く道。


道とは呼べない道がほとんど。 でも、歩いてしか行けない道。 美しかった。


足首はだいぶ疲れて来た。 ノルウェー人は最強だなぁ。。。

すると、次の瞬間、 今まで通って来た‘道’が 序の口だったことに気づいた。 突然、目の前に道がなくなったのだ。 足を置く場所がない。 あるのは、70~80度ぐらいの斜面。 そこに取り付けられたチェーン。

ちょっとしたロッククライミングなら 私は出来る。 だけど、足を引っ掛ける隙間もない斜面。 2~3m先に向こう岸っぽいものが見える。 理解に時間がかかった。 他に道があったわけではないし、 橋が落ちた感じでもない。 ジャンプできる距離でもない。 つまりは、 斜面とチェーンを使わないと 先に進めない。 なぁに?この、スーパーマリオとか ドンキーコングみたいな状況? ジャンプ力が増すアイテムでも 落ちてるのか? いや、ないない。 緩やかにパニック。 チェーンから下には地面らしいものが見えない。 樹は生い茂ってる。 冗談抜きに、滑ったら死ぬでしょ? 色々試すが、やっぱり滑りやすい。 落ちても、誰か助けに来るようなとこじゃない。 当然後ろから、ハーイ!って人が来るとは思えない。 もう、かれこれ5時間は人に会っていない。 ネガティブな考えは、 自分をどんどん追い詰める。 今は夜9時前。 少し薄暗くなって来た。 戻るという選択肢はないだろう。 だって、6~7時間かかるからね。 渡りきる以外に道はない。 とにかくパニック。 次回は、 第12話 「パニックはこうして乗り越える。」 またお会いしましょう。

#北欧 #トレッキング #フィヨルド #ノルウェー #プレーケストーレン

3 views

Inquires & requests 

 

Follow me on SNS

 
  • Facebook
  • YouTube
  • Instagram