【ノルウェー】第10話:そして誰もいなくなった。

Updated: Jan 9

ついに第10話。 『ノルウェー珍道中』 いつも読んで下さり、ありがとうございます。

前回のお話はこちら。 激混み、渋谷地帯の「プレイケストーレン」を諦め、 さっそうと「Bakken 10km →」の方へ。

分かれ道のポイントは、まだ人が多い。 私の他に、バッケンへ向かう人が居ないか ちょっと様子を伺い一休み。



あれ? 1人も行かないなぁ。 到着予定は8~10時間後。 現在14時過ぎ。 全くゆっくりしている余裕はないので、 バッケンへ向かう道を歩き始めた。 急に道は獣道。

苔や下草が生い茂り、 肩幅ぐらいの 細い道が森の奥に伸びて行く。 ノルウェーのトレッキングで大切なのが、 「赤いTマーク」を追うこと。 「赤丸」のこともある。 その印を辿れば、迷わない。

30分ほど歩くと、 木の根っこがウネウネと地を這い 野生的な感じになってきた。 足元も、時折降る雨のせいか、 ドロドロとしている。 時たま、ズボッと足元が音を立てる。 楽しい。 これを楽しいと思える女子は どれぐらいいるだろう?w しかも1人で歩いてる。w 変態だね。 でもこの、大地と遊んでる感がたまらない。

何時間か歩いたが、 1人もすれ違わない。 さっきの渋谷地帯がウソの様。 いくら歩いても、誰ともすれ違わない。 楽しんではいるが、たまに不安になる。 「何かあったら終わるな、こりゃ。」 だから何もない様に、 気をつけながら歩く。 と思ったら、 ズボッと泥にハマる。 鼻うたなんか歌ってるからだよぅ。 集中!集中ー! 時折見える、フィヨルドの絶景に ワクワクしながら足を進める。



雨が少し降り始めた。 けれど、それとは全く関係なく 靴の中が洪水中。(さっき泥にはまったから。) 大体の道が、ドロドロの沼みたいな状態。 晴れて暑ければ、靴を脱いで歩ける。 でも、結構冷えるのと 早足なので危険なものを踏みかねない。 だから、洪水靴と一緒に歩く。 ジュポジュポ音が付いてくる。 30分おきに 靴下の水を絞る。 そんな事してるうちに、 かなりの距離を歩いた。 フィヨルドのトレッキングは さすがに氷河が作った地形なだけあり かなり険しい。 休憩も何度もしたし、 靴下ももう何度も絞った。 疲れて、ちょっとメゲテきたのか 足元の樹の根と草が、 一瞬トロルに見えたりする。w いやーやめてーw

時間は20時ごろ。 それでも、まだ明るい。 テンションを上げるために 「あと何キロ」 という看板をそろそろ見たいなぁ。 すると現れた。 看板ではなく、 バッケンへ向かう一番の難関。 「the Wall of Death」!


なんじゃこりゃあああーー!

君は超えられるか!? 次回は 第11話「道なき道の先には。」 どうぞご期待ください♫





#北欧 #トレッキング #フィヨルド #ノルウェー #プレーケストーレン

0 views

Inquires & requests 

 

Follow me on SNS

 
  • Facebook
  • YouTube
  • Instagram