ななな、なっとう!!

Updated: Jan 11

納豆って本当にできるんだね。 煮豆と稲藁だけ。

24時間保温をしたら、

おなじみの粘りが。


不思議だな〜。

初めて納豆を手造りしました。 黒豆納豆。 生まれて初めて造った納豆は、 今まで食べた中でイチバン!! と言っても、私。 元、納豆嫌い。 身体に良いから、と工夫して食べるようにしてたら いつの間にか納豆だけで食べれるようになりました。 そして、塩麹と和えた、山形のふっくら納豆が 私の納豆歴を変えました。 でも、その後もスーパーに売ってる納豆って なんだか美味しく感じなくて。 それが、なんでかやっと分かった。 豆の味なんだ。 この黒豆は小黒大豆。 強くたくましく生きる、個性的な味の「在来種」のようです。 日本の特定の地域で、昔から継がれて来た品種。

豆の味が濃いんです。 そして、納豆にしても柔らかすぎず 程よく歯ごたえがあります。 そしてビギナーズラックなのか、 今回の納豆は臭すぎない。 とにかく、私の「美味しい納豆ポイント」を 押さえた一品に仕上がりました。

この納豆がどうやって出来たのかと言うと まず、納豆キットに出会いました。(奇跡w)

乾燥豆と稲わらの小道具つき。 豆を蒸して、稲わらと一緒に 24時間、約45度で保温します。 そして冷蔵庫で寝かせると、上の写真の状態に。 納豆菌の不思議なところは、 稲わらに住んでること。 最初に稲わらの小道具を、5分ほど煮沸するのですが それでも生きてるんですよね。 100℃行ってますよ、菌ちゃん!

そして、適した環境に、蒸し豆と一緒に入れてあげると 1日であの粘りが出てくるという。 そしてそして、 納豆菌っていうのは 食中毒の原因になるような菌よりも強いんだって。 戦わせると勝つそうな。 だから納豆を日頃から食べてる人の バリアはすごいという。

また造って、もっと「筋肉隆々」ならず、

「菌隆々(きんりゅうりゅう)」になろうー!w

#納豆 #小黒大豆 #手造り

3 views

Inquires & requests 

 

Follow me on SNS

 
  • Facebook
  • YouTube
  • Instagram